アイラスブログ管理者 のすべての投稿

神奈川地域会議の報告

8月7日木曜日に神奈川地域会議が

相模原市南保健福祉センターにて行われました。

猛暑の中14業者の出席で会議は進められました。

2014年8月神奈川会議

 

 

『営業報告、ヒヤリハット報告⇒「地域会議・執行部会議・理事会」の

報告と確認⇒事務局連絡⇒議事』の順番で進んで行きますが、

時間がかかり過ぎたように感じました。

 

報告・連絡・確認事項も大切ですが、

売上アップに繋がる話や技術力がレベルアップできる勉強会等に

時間を費やせるようにしたいと進行役として

次回は工夫が出来れば良いと思っています。

6月と7月に1事業者ずつ計2業者がアイラスから退会されました。

いままで一緒に頑張ってきた仲間が退会することは

とても寂しいことです。

今後において退会者が増えないよう願っています。

まだまだ暑さが続きますが、体調管理を十分行い

この夏を乗り切りましょう。

以上、神奈川地域会議の報告でした。

(介護タクシーメルシィ 岩本)

神奈川グループホームページはこちら ↓

http://kanagawa.ailus.jp/

埼玉地域会議の報告

8月9日土曜日 さいたま市文化センターにて、埼玉地域会議が行われました。

今回は、仕事等で4事業者さんが欠席されました。

まず、各事業者さんの売上報告や、近況報告などありました。

事業の方向性にあわせて、車両を大型化された方には、

皆さんから、質問が飛んでいました。

また、最近増えつつある、埼玉東部地区の夜間依頼の対応のなかで、

ある事例の報告があり、今後の対応等について、注意喚起がありました。

また、酸素貸出に必要な、各自治体消防への届け出に関する話もありました。

自治体によって、対応がまちまちで、温度差を感じる内容でした。

 

その後、理事会報告、地域執行部報告がありました。

それぞれ、今後のアイラスグループにとって、

大事な方向性や内容のお話でした。

__ 1

そして、大事なミニ勉強会は今回は、「酸素」について。

講師は「ケアサービスあおき」の青木さんです。

毎回持ち回りで「講師」を担当しますので、

前回と重複する内容もありますが、

講師が変われば、講義内容も変わるもので。

いままで、自分自身の勉強不足もあり、知らなかった内容について、

別の切り口からご説明をされて、大変、勉強になる内容でした。

こういう事があるから、会議は欠席できません。

まったく。

 

というわけで、今回は「ウイングケアサービス」大塚が報告しました。

埼玉グループのホームページはこちら ↓

http://saitama.ailus.jp/

 

埼玉地域会議の報告

先日7月12日土曜日に
さいたま市文化センターにて埼玉地域会議が行われました。
仕事の都合で出席できない3業者さんが欠席しただけで、
出席率の高い、意義のある会合となりました。
第1部では、各事業者さんの売上報告がなされました。
ある事業者さんから、高速道路走行中のパンク事故の報告がありました。
とっさのときに戸惑わないように、日頃から万全の備えが欠かせないという教訓となりました。
第2部では、アイラス理事会からの報告がありました。
第3部では、執行部からの報告がありました。
第4部では、泊まりがけでの観光のご案内をした業者さんからの報告がありました。ご利用者様が利用した「介護付きのホテル」がとても良かったとのことでした。
2014年7月アイラス介護タクシーグループ埼玉会議
そして、
ミニ勉強会…今回講師は所沢の「あおぞら介護タクシー」の安藤さん。
埼玉グループではベテランの方です。
テーマは「医療知識」
全員で抜き打ちテストを受けました。
これを機に、自分が知らないことは何かを知ることで、私たちはさらに知識を高めていくことが出来るでしょう。
このように、埼玉グループの会議はとても充実したものです。
開業に関心のある方がいらっしゃいましたら、どうぞ気楽に見学においでください。
以上開業3年を経過した「介護タクシーささき」佐々木がお伝えしました。
埼玉グループホームページはこちら http://saitama.ailus.jp/

開業後のフォローアップを行いました

 

隅田川花火の7/26の土曜日、

開業間もない事業者さんのフォローアップを

アイラス介護タクシーグループの事務所で行いました。

アイラス介護タクシー開業後のフォローアップ風景

 

 

テーマはすばり、「売り上げを増やすには?」

参加者は開業2ヶ月目、4ヶ月目、10ヶ月目と、営業地域も東京の

下町、山の手、千葉県と、バラエティーにとんだものとなりました。

 

内容は6月の売上データを元に、参加者の特徴を浮き彫りにし、

自分のいい点、今後の課題などを話し合い、最後には今後の節目毎の

売上目標を作成し、発表しました。

 

従来のマンツーマンのフォローアップ面談を見直し、

「事業者同士のグループ討議」を通じて、

一人一人の事業者が自分の特徴を自覚し、

将来の青写真を作ってみようという狙いでしたが、

うまくいったでしょうか?

参加者のレポートはこちらをご覧ください。 ↓

http://ailusfollowup.blog.fc2.com/

 

 

神奈川地域会議の報告

久しぶりの会議出席、仕事や体調で休んだりして、

五か月ぶり?位になってしまった。

今回も他の事業者さんが欠席されてたりで

全員が顔を合わせるのはなかなか難しい。

DSC_0757

 

そしてここ数年の会議の印象の一つを挙げると、

とにかく物事ひとつ、なかなか決まらない。

一時よりも事業者が増えたこともあるとは思うし、

内容によっては時間をかけるべき物もあるかもしれないが。

まぁ、慎重と言えば、慎重。

スピード感をアップしていきたい。

 

あと先日コールセンターより当日依頼をいただき向かった依頼元は、

東京の病院のSWさん。

アイラスに依頼をいただくという言わばお客様。

ご自宅が神奈川にあり、お父様が調 子悪く、

近くの病院に行きたいとのこと。

きちんと搬送したつもりですが、

搬送内容が原因でご迷惑をおかけしたらすいません。

(謝って済むレベルではありませんが。)

 

この時ふと思ったのは、逆のケースもあるのかな?と。

神奈川の病院のSWさんでご自宅、ご家族が他地域で

お身内の通院搬送等をアイラスに依頼いただくとか。

その際は他地域の事業者様よろしくお願いします。

(ハートランド 菅之屋)

 

神奈川グループのホームページはこちら ↓
新規開業者も募集中です。
開業希望の方はアイラス介護タクシーグループ
電話 0120-840-082までお問い合わせください。
会議の参加も無料で、受付しております。

 

車いすの仲間と箱根一泊旅行

先週末に40年来の仲間と箱根に一泊旅行に行ってきました。

前回の上高地から約4年ぶりとなり、

車椅子の友人2人を含む総勢16名のメンバーでした。

心配していた天候も台風8号が通り過ぎた後で、

雨具を使うことも無く、日頃の行いの良さに感謝!?

 

上高地の時は東京と現地で介護タクシーを利用し、

松本までの移動はJRのあずさを利用して、

「時間の短縮と現地の移動の利便性」を図りました。

 

今回は近場で移動もあまりせずに、

温泉でのんびりとの事で、ロマンスカーと登山電車を使って

新宿から宿のある箱根の強羅まで移動しました。

 

宿には2時過ぎに入り、

ゆっくりした後、お目当ての温泉へ。

夕食前、就寝前、朝食前と3回も温泉に入った仲間も多かったようで

す。

 

夕食後はカラオケをし大いに盛り上がり、

しめは昔からみんなで最後に歌っていた「星影のワルツ」を合唱 ♪♪

DSC_0745

DSC_0756

 

翌日は「ガラスの森美術館」を見た後、湯本でお土産を買って

一路新宿へ。

仲間との久しぶりの楽しい旅行でした。

(あき記)

------------------------

ここでPRを一言

「アイラス介護タクシーグループ」では、グループの規模を活かして、

車いすの方が安心してお出かけ・旅行に出かけられる情報を

グループで集積しています。

世界遺産の富士山周辺をはじめとし、那須、長野など、

お客様のご要望に併せて、業務提携をしている旅行会社

「パーソナルツアーズ」が交通機関や宿の手配など、

ご旅行の企画・手配をさせていただきます。

「車いすだから」といって旅行に行かれることをためらう前に

是非ご相談ください。

「楽しいご旅行」のお手伝いを精一杯いたします。

 

ご旅行の相談・手配等のホームページはこちら ↓

http://www.ailus.jp/ailus-tour/index.html

 

 

 

 

ストレッチャーのお客様を東京駅までお迎えに行きました

先日、奈良の病院 病院 から

ご自宅のある千葉の病院 病院

転院されるお客様のご移送を行いました。

 

腰を痛めておられるとの事で、

300系 11号車にある「多目的室」のソファーをご利用し

東京駅に到着されました。

 

ホームまでストレッチャーを持ってお迎えにあがり、

駅員さんの誘導に従って、車に無事お乗せし、

千葉の病院まで出発ビックリマーク

東京駅ストレッチャー

 

 

途中の高速が空いており、

予定していた時刻よりも早く到着する事もできました。

不行き届きの点もあったかとは存じますが、

一日も早いご回復をお祈り申し上げます。

 

ご利用ありがとうございました。

(介護タクシー To you 関野)

定時総会を開催しました

2014年6月14日、BIZ新宿において、

アイラス介護タクシーグループの定時社員総会が行われました。

第1回定時総会

 

正会員82名、賛助会員2名、委任状出席72名の参加により、

所定の議案が原案通り可決されました。

今後2年間の運営は、下記理事会及び地域執行部を中心にして、

全会員が一致協力して行うこととなります。

皆様方のご支援・ご協力をお願い申し上げます。

-----------------------

理事長  福祉移送サービスピクニック  村越 信一

副理事長 アシストキャブ龍馬        木本 誠二

副理事長 介護・福祉タクシーライフ・アシスト 太田 篤美

理事    城山町工房(株)                            工藤 勝己

理事    よつば介護タクシー       椎葉 功一

理事    介護タクシーすずき        鈴木 伸也

理事    あんしん介護タクシー      伊藤 昭夫

理事    福祉トランスファーまめキャブ  荒井 利行

理事    らいおんハート          加藤 基彦

理事    福祉タクシーほりえ        堀江 延丈

監事    あおぞら介護タクシー     安藤 光昭

監事    パパサポート           吉田    実

監事    ケアドリーム1010(千寿)     井上 貞夫

 

 

埼玉地域会議の報告

開業してから3年6か月、

坂戸市の「ケアタクシープラス」小野寺が

今回担当で書かせていただきます。

 

連日の雨・雨・雨・・・・・。

そんな中、6月7日の土曜日18:00、

月1回の埼玉地域会議が行われました。

今回、アイラス総会との日程重複で1週前での開催です。

前回のブログ担当、「まめキャブ」荒井さんの素晴らしい内容の

記事の後だけに・・・う~~~ん、どうしよう、もっと受けを狙うか、

素直に進行内容に沿って書くか、悩んじゃいますね。

 

さて、今回は越谷から今年中にも介護タクシー開業の方も

参加してくれました。

仲間が増えることは、うれしい限りです。

いつかは、介護タクシーといえば、「アイラス介護タクシー」ですかね。

2014-06-07 19.03.14

 

 

多くの議題・意見から今回、気になった内容を1つ・・・。

私たちのグループも、それなりに大所帯、

その他の介護タクシー事業者を含めれば、

どれ程の屋号が存在するのでしょう。

そんな中、他地域事業者と似通った屋号の為、

間違い電話があったそうです。

隣接する地域などではトラブル防止の為にも、

今後の対応は必須ですね。

システム上の対応とか・・後発開業者への屋号の制限など・・

執行部会議に出してみます。

 

そして、

ミニ勉強会・・今回講師は越谷の「ケアサポートあい」の市野沢さん。

埼玉グループでは一番新しく開業された方です。

テーマは「マナー」、素晴らしい内容でした。

2014-06-07 20.02.51

 

その中でも“メラビアンの法則”頭から離れません。

最初人間の印象を決める要素として話す内容はたった、7%

それ以外の93%に相手は注目するそうです。

93%とは“見た目”です・・・知ってましたか?

埼玉グループのミニ勉強会はすごい! ←前回と一緒か

さぁ~、第二会議にくり出しますか・・・本会議以上に勉強になる・・・かも!?

(プラス 小野寺 記)

埼玉グループホームページはこちら http://saitama.ailus.jp/

アイラス神奈川会議(番外編!)

アイラス介護タクシーでは毎月地域で会議を開催していますが、毎回第二部というものがあります。

体内をアルコール消毒しながらざっくばらんにいろんな話をする場です(^^)
神奈川では1月からお気に入りのお店を見つけ、毎回そこでおいしいお酒をいただいてますが、今日は新しいスタッフが私たちを迎えてくれました。

2014年神奈川会議番外編

第二部の本日一つ目の決定事項は・・・

彼女を『まゆゆ』と呼ぶこと!
写真では伝わりにくいかもしれませんが、マジで似てます(笑)

まぁそれはそれとして、ちゃんと真面目な話もしてますよ。
第一部で会議の出席率を上げる為に、より魅力的な会議運営をできないか?という話になりまして、意見を出し合ってみました。

地域会議では毎回、各事業者の売上報告をするのですが、当然ながら出来高は各事業者ごとに異なります。
そこに一喜一憂するのが目的ではなく、なぜよかったのか悪かったのか検証する事が本来の目的なのですが毎回そこまで掘り下げるまでに至らずに次の議題に移ってしまっていました。
そこで売上の高い事業者の方のケーススタディを会議で発表したらどうかという話が挙がりました。

当事者本人だけでやってしまうと人によっては『ただの自慢話じゃん』となる可能性もあるので、一人の事例を数名のチームでケーススタディに作り上げるやり方です。

これまで多くの介護タクシーの事業者の方とお話をしていますが、総じて売上の高い方は『当たり前の事をしているだけです』とおっしゃいます。
こればウソではなく、本音なのです。
ただしこの人の『当たり前』は他の人からみれば『ものすごく特別な事』なのです。
それを教えてもらっただけで、それを『当たり前』にする事は無理でも、それを知る事で明日の行動が変わり、結果がかわるきっかけとなるなら大いにやる意義があるだろうと、非常に盛り上がりました。

行動を変える事、またそれを続ける事は決して簡単ではありませんが、それができれば必ず結果が変わります!
その方向が『お客様のお困り事を解決する』という方向でブレなければ、それを信じてみんなで頑張ろう!という強い思いはきっとお客様にご支持をいただけるものと確信しています。

お客様の為にアイラスはまだまだ進化していきます!

(番外編レポート T.I)