介護タクシーの開業についての基礎知識

介護タクシー開業のメリット

介護タクシーは、経験がなくてもすぐに始められます。
自宅での開業も可能であるため、独立開業がしやすく、
他の介護事業に比べ、参入がしやすい業種でもあります。
介護タクシー事業主である本人がドライバーを務める場合には、
普通自動車2種免許を持ち、法令試験に合格するだけで、
開業につながります。

≪完全予約制でコスト削減≫

介護タクシーは、一般タクシーと異なり、完全予約制のシステムです。
もし利用されなかった場合には、キャンセル料を請求することが
できます。そのため、移動・ガソリン・時間的などのコストを
大幅に削減できます。安定した経営が可能です。
また、介護タクシーの営業は税率の低い軽自動車でも可能です。

≪高いリピート率≫

乗降時の介助などを通じて、利用者様と接する機会が
多いことから、継続したリピートが期待できます。
効率よく安定した収入が望めます。
病院や施設などを通じて固定客数を増やすことで、更に
売上アップが期待できるでしょう。
また、介護タクシーは新しいビジネスであり、業界標準が
決まっているわけではありません。
そのため、先駆者として事業モデルを開拓できる面白さもあります。

≪社会貢献の喜び≫

急速に高齢化の進む日本。介護タクシーは、ますますニーズの
高まるビジネスである言えます。
大きなビジネスチャンスであることは間違いありませんが、
同時に、社会への貢献を実感できる、やりがいのある
仕事だと言えます。

このページの先頭へ戻る