介護タクシーの開業についての基礎知識

有料老人ホーム前で行う介護タクシーの営業の現状

≪介護タクシーの業界の現状≫

介護タクシー事業は、開業までは比較的スムーズです。
しかし、開業後の営業で壁にぶつかります。
通常、開業後のサポートやノウハウの提供(講習・会議・配車・営業・その他)は、
ありません。
そうすると、自分で開拓するしかありません。

最近は、介護タクシーの台数が増え認知度が増してくる中、
競争も激しくなっています。
こうした中で営業は一層重要になります。

≪有料老人ホーム前で行う営業の現状≫

有料老人ホームでは介護タクシーを利用する機会が沢山あります。
特に通院の時に利用する人が多いようです。
そういう意味で、有料老人ホームの前で介護タクシーの営業をするのは、
効果があると言えます。
しかし、介護タクシーの事業者の場合、依頼をうけている場合は、
営業することができません。
また、営業担当者を雇う人件費がない場合もあります。
個人の事業者には、色々と制約があります。

≪介護タクシーグループによる営業支援≫

介護タクシーグループのアイラスは、
そのような個人の事業者の営業活動を支援しています。
アイラスの支援の強みは二点あります。

@ グループメッリットを活かした営業活動。
A リーフレット等の提供や地域担当による営業。

ご関心のある事業者様は、弊社までお気軽にお問い合わせ下さい。

このページの先頭へ戻る