介護タクシーの開業についての基礎知識

リハビリ専門病院で行う介護タクシーの営業の現状

介護タクシー事業は、開業までは比較的スムーズです。
しかし、開業後の営業で壁にぶつかります。

≪リハビリ専門病院で行う営業の現状≫

リハビリテーションとは、身体的、精神的、
社会的な障害を持つ人の、機能、能力、
社会生活の全人格的回復や促進を目的とする専門技術による支援です。
リハビリテーション中の人は、
介護タクシーを必要とする場合があります。

特にリハビリ専門病院は、脳疾患後やけがによるリハビリを専門とする為、
車いすで通院する人が多数います。
その意味では、介護タクシーの重要な営業の場です。

しかし、介護タクシーの個人の事業者の場合、依頼を受けている場合は、
営業することができません。
実車中・介助中などの場合には、電話依頼に出られないこともあります。
また、営業担当者を雇う人件費がない場合もあります。
個人の事業者には、色々と制約があります。

≪介護タクシーグループによる営業支援≫

介護タクシーグループのアイラスは、
そのような個人の事業者の営業活動を支援しています。
アイラスの支援の強みは二点あります。

@ グループメッリットを活かした営業活動。
A リーフレット等の提供や地域担当による営業。

ご関心のある事業者様は、弊社までお気軽にお問い合わせ下さい。

このページの先頭へ戻る