介護タクシーの開業についての基礎知識

訪問介護事業所で行う介護タクシーの営業の現状

介護タクシー事業は、開業までは比較的スムーズです。
しかし、開業後の営業で壁にぶつかります。

≪訪問介護事業所で行う営業の現状≫

訪問介護とは、介護福祉士などが、介護を必要としている人の自宅に行き、
入浴、排泄、食事などの介護、調理、洗濯、掃除などの家事、
生活などに関する相談・助言、その他の必要な日常生活上の世話をするものです。

介護を必要としている人が、近隣、お買い物、通院、駅などに外出するときに、
介護タクシーを利用してもらえる可能性があります。
その為、訪問介護事業所も重要な営業の場になります。

しかし、個人の事業者にとって情報収集や営業活動に限界があります。
営業活動をしても、今一つ反応が薄いという場合もあります。
潜在的な市場があっても、十分に開拓できていません。

≪介護タクシーグループによる営業支援≫

介護タクシーグループのアイラスは、
そのような個人の事業者の営業活動を支援しています。
アイラスの支援の強みは二点あります。

@ グループメッリットを活かした営業活動。
A リーフレット等の提供や地域担当による営業。

ご関心のある事業者様は、弊社までお気軽にお問い合わせ下さい。

このページの先頭へ戻る