介護タクシーの開業についての基礎知識

訪問介護事業所で行う介護タクシーの営業の現状

介護タクシー事業は、開業までは比較的スムーズです。
しかし、開業後の営業で壁にぶつかります。

タクシーサービスの種類

高齢の方や身体の不自由な方が外出、移動される際に利用できるタクシーサービスには、
介護タクシー、福祉タクシー、などいくつかの種類があります。
それぞれのタクシーにより運転手が保有する資格、使用されている車両、料金体系などに違いがあります。

介護タクシー

高齢者や身体が不自由の方、車いす利用者、寝たきりの方など、
介護を必要とする方の移動手段として
展開されているタクシーサービスです。

運転手・乗務員が
介護職員初任者研修の資格を有している場合は、
病院への送迎や外出、旅行などの際、
ベッドから車までの乗車、目的地までの移動、
降車後の移動などのサポートを行います。
また買い物や着替え、食事、掃除などの
生活援助や排泄・入浴時の介護を行うこともあります。

介護保険を使用して利用できる介護保険介護タクシーと、
介護保険を使用せず現金などで精算する介護タクシーがあります。
介護保険が適用になるかどうかは事前にタクシー業者への確認が必要です。
なお、介護保険介護タクシーの場合は、運転手が介護職員初任者研修の資格者であることが必須です。

福祉タクシー

身体障害者の方の外出時の移動を
サポートするため福祉車両が使用され、
車椅子のまま乗車できるリフト付車両などが導入されています。
運転手に介護職員初任者研修や
介護福祉士の資格がない場合は
タクシーへの乗降介助などのサービスは行われません。
一般のタクシーと同様に乗務員は
乗客の身体に触れることはできないため、
タクシー乗降時には家族や
付き添いの方がサポートする必要があります。

また高齢者は利用の対象に含まれません。
料金は市町村が一部負担する制度があるほかは、
現金での精算となります。

このページの先頭へ戻る