介護タクシーの開業についての基礎知識

介護タクシーの収入

介護タクシー事業は、開業までは比較的スムーズです。
しかし、開業後の営業で壁にぶつかります。

安定した収入を得るには?

介護タクシーで開業した後、
安定的な収入を確保し、
売上を伸ばすためのプロセスについて考えてみましょう。

新規開業後は、
アイラスコールセンターからの依頼や
アイラス福祉ネットワークメンバーの事業者からの
代行依頼の売上比率が多くなります。
その後、コールセンターから依頼された
個人のお客様に積極的に営業をすることで、
徐々に自分のリピーターを増やしていくことができます。

お客様との信頼関係を構築することにより、
お客様に安心して利用していただくことができ、
リピーターの利用者や自分への代行依頼も増え、
安定した収入が得られるようになります。
もちろん自身での営業、
WEBサイトや各種媒体による宣伝活動、
口コミなどで少しずつお客様を獲得していくこともできます。

開業後のフォローも充実

単独の事業者として開業した場合は、
顧客の獲得・拡大までに営業面で
大きな負担が強いられることもしばしばですが、
アイラス福祉移送ネットワークでは、
開業後すぐに15万円〜30万円ほどの
売上を確保できるケースもあります。

また、アイラスでは事業者同士の代行依頼を通して
ご利用いただいたお客様の取り合いは禁止されています。
もしお客様からの依頼が重なり、
他のグループメンバーへ代行依頼をしても、
自分のお客様を減らすことなく事業を
展開していくことができるという点でメリットがあります。

さらに、アイラス福祉移送ネットワークでは
開業後のフォローアップ体制も充実しています。
顧客管理や営業方法といった事業拡大のためのヒント、
売上目標・収支管理などのマネジメント方法などの
アドバイスを受けることができます。
「介護タクシー」としての品質を高めると同時に、
経営者としても成長していくことができるので、
安定的収入を確保し、自分の事業を発展させていくことができます。

このページの先頭へ戻る