介護タクシーの開業についての基礎知識

普通二種免許があると出来る仕事

普通二種免許があると出来る仕事

乗用車を運転できる免許を普通一種、タクシーやトラックの運転に必要な免許を
普通二種といいます。
昨今の不況により、普通二種免許の取得を目指す人が増加しているそうです。
ちなみに二種免許とは、正式には 「普通自動車第二種免許(普通二種免許)」といい、
タクシーやハイヤーなど旅客を運送できる乗客定員10名以下の営業用普通自動車を
運転して報酬を得る場合に必要な免許証です。
一種免許と同様にオートマチック車 (AT) とマニュアル車 (MT) の区別があります。

タクシー、ハイヤーの運転手

なかでもタクシーやハイヤーの運転手は 「運転ができれば定年を気にせず働くことができる!」
ため気軽にできる仕事だと思われています。
しかし、タクシー運転手の給料は歩合制のケースが多く思うような給与が稼げない
との理由で離職率も高いため、常時運転手を募集しているといった現状です。

需要が増加している介護タクシー

超高齢化の進む日本において介護福祉の業界は現在、あらゆる職種で人手不足の
傾向にあります。
そのため、高齢者や障がい者、お身体の不自由な方を目的地まで安全に運ぶ
介護タクシーの需要も高まっています。
介護タクシーの乗務員は「介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)」
以上の資格取得が必須となっているため
タクシー運転手から介護タクシーに転職される方も多いようです。

このページの先頭へ戻る