介護タクシーの開業についての基礎知識

介護のプロによるベッドtoベッドの移送

介護タクシーの医療

介護タクシーは常に緊急時に備えて、様々な医療装置と設備、
そしてスタッフ1人1人が医療に対する知識を深く取り入れています。
またドライバーは、運搬の際の注意点や技術、機材の使用などを
徹底的に学んでおりますので、お客様を安全に目的地までお運びいたします。
介護タクシーの中に取り付けられている主な装置は、ストレッチャー、
チューブ、AED、酸素呼吸器、消毒液、です。
これらはお客様をお運びする際の必要最低限の設備となり、
また使用する際も資格を所有しているプロが行いますので
どうぞ安心してご利用ください。

介護を支える民間医療

介護タクシーが導入され始めた頃は現在のような設備はなく、
ストレッチャーでの搬送や大型車で目的地までお運びすることも
ありませんでした。
しかし近年では本格的な医療設備が整った介護タクシーが
次々と導入されつつあります。
また看護師や介護ヘルパーが常時付添い、お客様の健康と安全をお守りする
医療と搬送の両面でサポートするシステムが確立されつつあります。
その背景にはやはり、民間の医療が日本の介護そのものを支えているからに
他なりません。
介護を必要とする方の多くは、ご家族だけでお世話をすることが難しいと
感じているためこのようなサービスは欠かせない存在となっています。
そしてこれからもその需要はますます増え続けることでしょう。
介護タクシーが必要とされる全ての方にご満足頂けるよう、
アイラスでは誠心誠意努めてまいります。

このページの先頭へ戻る