介護タクシーの開業についての基礎知識

介護タクシーと民間救急車の違い

介護タクシーは利用が手軽

介護タクシーと民間救急車の違いはいくつかありますが、介護タクシーは普通の
タクシーと同じく、時間と距離のメーター制で実車のみが対象となります。
運転手ひとりで対応しますが、ヘルパー2級以上の介護士資格を持っており、
乗降の際に手助けをしてくれます。
付き添いがひとりで不安なときにも、建物前まで送り届けてくれるので便利です。
病院の送り迎えや、ショッピングなどに利用すると良いですね。
民間救急車は、救急走行こそできませんが、医療機器が搭載されており
必要な際は医療処置を施すことも可能です。
緊急性を伴わない入退院時や転院などに利用できます。
自宅のベッドまで確実に搬送してもらえるので、車椅子に乗せられないような状態でも
移動が楽にできます。
料金は、救急車の事務所から送迎、事務所に戻るまでの距離制をとる場合が多く、
乗務員は複数が対応します。
あらゆる箇所への添乗を行い、空港やホームまでの送迎も可能です。

寝たままの旅行も可能にする民間救急車

基本的には、両者に大きな違いはありません。
しかし、民間救急車は、各市町村の消防署から「患者等搬送事業」として認定を受け、
搬送乗務員には適任者証が交付されます。
搭載される機材は消防車から決められたものであることが必要です。
当然料金的には機材設備と乗務員の数を考えても、民間救急車が高くなります。
気軽に使うのであれば、一般の介護タクシーということになりますが、患者さんの
身体の状態や移動の距離を考えて、上手に使い分けることが必要です。
救急車を利用したい場合は、設備面で比較的手軽な介護タクシーより台数に限りが
あるので、早めに確認をし、予約を入れると良いでしょう。

このページの先頭へ戻る