介護タクシーの開業についての基礎知識

介護タクシーと寝台タクシーの違い

寝台タクシーは形が進化した一般のタクシー

乗降時の手伝いは家族が付き添うため、十分人手があるが、横たわった状態で移動させたいという場合や、車椅子ごと移動させたいという場合は、寝台タクシーという選択もあります。
民間救急車のような医療設備もなく、乗務員は運転手一人です。
また、介護タクシーのような有資格者という規定もないため、介護の知識はないと
考えてよいでしょう。
寝台タクシーの場合は、病院などへの搬送を行ってもストレッチャーへの移し変え
は病院スタッフに任せるのがほとんどです。
料金的には、実車料金のメーターと車両の設備費が多少加算されるので、通常のタクシー
にその分が上乗せされる程度です。

「介護タクシー」ではない寝台タクシー

車椅子を積載することができるため、横たわった状態での移動が必要な際に介護者が
同乗するというのであれば、民間救急車より割安で済みます。
ただし患者の状態が良くない場合は、万が一に備えて民間救急車に依頼する方が
安全です。
また、介護タクシーのカテゴリに入れてサービスを案内している会社もありますが、
寝台タクシーに関する明確な定義はないため、扱いはまちまちです。
先に述べたように、介護タクシーには運転手が2級以上の介護資格をもっている
必要があるため、明確に介護補助が必要である場合は予約の際に「介護タクシー」
を指名すると良いでしょう。 
寝台タクシーをはじめ介護タクシーや、民間救急車はあくまで平常時の搬送に
利用します。
いずれも緊急性を要する場合には救急走行の権限はありません。
状況を判断し、公的な救急車の要請をしましょう。  

このページの先頭へ戻る