介護タクシーの開業についての基礎知識

介護タクシーの利用対象者は

生活サポートも行う介護タクシー

車イスやストレッチャー(寝台)のまま移動できる介護タクシー。
高齢者だけでなく病気やケガで身体が不自由になったため
外出を諦めていた人でも介護タクシーを利用すれば
出かけることが可能になります。
また、乗務員は移送や車の乗降介助だけでなく、
入浴・排泄・食事・訪問リハビリなど生活サポートも行うため
一人暮らしで生活が困難な人、一時的に介添えが必要な時にも大変便利です。

介護タクシーの利用対象者は

このように便利な介護タクシーですが、
誰でも使えるというわけではありません。
介護タクシーのサービスは訪問介護に含まれているため
要介護の人が介護タクシーを利用する場合
介護保険が適用され、1割の料金で利用できますが
利用者によっては適用されない場合があるので事前に調べましょう。

介護タクシーが利用できる条件

以下のような条件を満たす場合、
介護保険が適用されて介護タクシーが利用できます。
ちなみに料金は
「タクシー代+介護保険1割負担分」
となっていますが、タクシー代でも業者によって
料金が違うのと同様、業者によって料金は異なります。

【自宅で生活している】ちなみに特別養護老人ホームや介護老人保健施設などの
施設で生活している人は利用できません。
【一人で交通機関を利用できない】高齢者など身体の不自由な人でも
一人でバス・電車・タクシーなどの交通機関を利用できる人は、
介護タクシーを利用できません。
【要介護1以上】要介護1以上で担当のケアマネージャーが決まっている
ことが条件となります。要支援1・2の方は対象となりません。

このページの先頭へ戻る