介護タクシーの開業についての基礎知識

介護タクシーの業務内容

介護タクシーはどんな仕事をするの?

主に高齢者、障がい者、車イスをお持ちではない歩行困難な方、
お身体の不自由な方などに利用していただき、
快適な移送をお客様に提供するタクシー業務です。
介護タクシーにはお客様が車椅子やストレッチャーに乗ったまま利用できるように、
リフトやスロープ等を取り付けており、高齢者だけでなく
体調不良や骨折などで公共交通機関を使うのが不安な方にも移送サービスを行います。

一般のタクシーとの違い

一般のタクシーは目的地へ送るだけでドライバーは常に車内に乗っていますが
介護タクシーの場合、ご自宅の玄関先から車までの乗降をドライバーが介助したり
ベッドから車椅子への移動や歩行を見守るなどもサポートすることがあります。
また、介護タクシーは完全予約制なので、路上で待機したり、
お客様を拾うことは禁止されていますが、スケジュールが立てやすく
効率良く働けるというメリットがあります。

介護タクシー業務で大事なポイント

介護タクシーを開業した場合、お客様に快適に利用して貰うことが
リピーターを増やすポイントとなります。
そのためにはコミュニケーションが大事となるので
明るく爽やかな挨拶と心のこもった温かい接客を心がけてください。
お客様のお身体の状態などを覚えておくことも重要です。
また、運転手が介護職員初任者研修の資格を有していると
目的地までの移動だけでなく、買い物や着替え、お食事や排泄、
入浴など生活面での介護を行うことができるため非常に有利となります。
利用するお客様やそのご家族も介護・福祉の資格を持った運転手の
介護タクシーだと安心感が違うのでリピートしてくれる確率も上がります。

このページの先頭へ戻る