介護タクシーの開業についての基礎知識

地域密着型!地元で人気の介護タクシーになろう

介護タクシーの開業で有利な場所とは

介護タクシーを開業する時、どのエリアで事業を始めるかは非常に重要です。
人口の多い都会が有利で人口の少ない地方は車社会ということもあり、
「利用者がいないのでは?」と考えがちです。
しかし、田舎に住んでいても、一人暮らしで高齢のため運転ができない方は
たくさんいらっしゃいます。
バスもめったに来ない山間部などではタクシー会社もほとんどなく、
流しのタクシーを見かけることはほとんどありません。
また、都会に暮らしていて10分も歩けばバス停や駅がある場所でも、
身体が不自由なため歩くのは無理という方もいらっしゃいます。
そのため、一概にどの地域が良い、とは言い切れないのが実情です。

交通や地域の情報に詳しいと有利

では、どういった基準で開業する場所を選べば良いのでしょうか。
介護タクシーを開業するには、エリア情報に詳しいことが重要です。
この場所は何時頃に渋滞するとか、この道は急カーブやデコボコが少ないなど、
地域の道路事情に詳しい人なら、安全で正確にお客様を送迎できます。
健康な人でも渋滞にはまるとイライラしますが、
具合が悪くて病院に向かう人や体力のない高齢の方にとっては、
渋滞はより大きな苦痛となります。
お客様にとって快適な足となるためには、
できるだけ地の利のある場所で事業を始めることがおすすめです。

土地勘のある地元が有利

介護タクシーは、現在住んでいる地元や実家のある場所で開業する方が多いようです。
生まれ育った地元なら土地勘もあるうえ、知り合いが多いことは強みです。
地元の友人・知人や親戚がお客様を紹介してくれることも少なくないでしょう。
しかし、知り合いばかりに頼るのは限界がありますから、
地元で愛されビジネスとして成功するには、接客技術や介護技術が必須です。

アイラスは、フランチャイズではなく個人事業者の集合体ですが、
開業までの準備や研修、開業後のバックアップを行っているので、
初めての方でも安心して介護タクシーを開業していただけます。
まずはアイラスまでお気軽にご相談ください。

このページの先頭へ戻る