介護タクシーの開業についての基礎知識

介護タクシーで駐車禁止除外指定を受けるには

仕事を行う上で必要な標章

介護タクシーを利用する人は介護が必要な高齢者や障害者になります。
そのため、長い距離の移動を行うことは出来ません。
安全に送迎を行うためには目的地に近い安全な場所に車を停車し、
介助して目的地まで送り届けることが必要になります。
場所によっては身体障害者のための駐車スペースが用意されており、
利用することで広いスペースで安全に車の乗り降りを行うことが出来る場合もありますが、
すべての場所にそのようなスペースがあるわけではありません。
特に都会では駐車スペースは限られており、
目的地のすぐ近くに駐車スペースがあることはほとんどありません。
このようなときに必要になるのが駐車禁止除外指定です。
指定を受け、標章を車に提出することによって
駐車禁止規制の対象から除外してもらうことが可能になります。
すべての場所でとめることが出来るわけではありませんが、
目的地の安全な場所への停車が許可されるため、
利用者を最短距離で安全に送り届けることが可能になります。

認定をもらうために必要な手続きについて

では開業の際に認定を受けるためにはどのようにすればいいのでしょうか。
この指定は自治体によって管轄されているため、
自治体によって対応や必要な書類、手続きなどは異なります。
手続きを自分で行う際には必ず事前に担当部署に確認することが重要です。
専門家に頼みたい場合には行政書士に頼むことで
代わりに必要な手続きを行ってもらうことが可能です。
自分で行う場合にはまず必要書類を用意します。
駐車禁止除外指定車標章交付申請書に、自動車保管場所の見取り図、誓約書、
利用が必要な理由を証明する書類、主たる運転手の運転免許証、自動車検査証の写し、
自動車の保管状況を確認できる資料など自治体から指定された書類を
合わせて提出します。
書類の多くは管轄している役所やホームページからダウンロードすることが可能です。
有効期間があるため、定期的に更新手続きを行うことが必要になります。
忙しくて手続きを行う時間がない場合や、
手続きにわずらわしさを感じるようであれば専門家に頼むのもいい方法です。

このページの先頭へ戻る