介護タクシーの開業についての基礎知識

介護タクシー開業のきっかけとなった様々なケース

仕事内容について

まずは介護タクシーの仕事内容について説明します。
高齢になると身体機能が低下します。
そのため、介護保険制度における要介護状態になると外出するにも、
タクシーを利用するのにも介助が必要になります。
そのような人が利用できるためにつくられたのがこのタクシーです。
要介護認定を受けている人であれば介護保険を利用して
1割の自己負担でタクシーを利用することが出来ます。
利用する目的としては病院への送迎や銀行や郵便局などの
公共機関への送迎、選挙の送迎、施設入所予定の下見などが上げられます。
日本では地域の過疎化が進んでおり、地域によっては
住民のほとんどが高齢者という地域もあります。
そのため、この仕事は地域に密着した地域住民のための仕事ということが出来ます。
利用する人は介助が必要な人のため、運転手は利用者の身体機能に合わせた介助を
行うことが出来る技術を持っていることが必要になります。
場合によってはおむつ交換やベッドから車椅子への移乗なども行う場合があります。

仕事を始める様々な動機について

この仕事を開業するきっかけには様々なものがあります。
動機が強ければ強いほど仕事に対する取り組み方は変わってくるため、
成功する可能性は高いといえるでしょう。
動機には次のようなものがあります。
リストラや倒産等で仕事を失ってしまい独立して仕事をしたい、
インターネットでこの仕事を知り自分でも出来るのではないかと考えた、
運転が好きなので車を使用した仕事をしてみたいと考えていた、
両親の介護をしており病院への送迎の経験がたくさんあったため
他の高齢者の役にも立てるのではないかと思ったなどが開業のきっかけとなります。
独立して仕事を行う際には失敗のことなどを考えてしまうことも多く、
不安な状態になる人も多いです。
しかし、強い動機を持つことによってその不安に打つ勝つことが出来ます。
なぜこの仕事をしたいのか、なぜ独立しなければならないのか、
どうすれば独立することができるのかといった疑問に対する
はっきりとした答えを持つことが出来れば仕事は成功に向かう可能性が高いです。

このページの先頭へ戻る