介護タクシーの開業についての基礎知識

介護タクシー開業に必要な資金調達の方法

介護タクシー開業を後押しする資金調達

介護が必要な方の通院や外出をサポートするために、
欠かせない足として、介護タクシーに対する需要が高まっています。
開業する際にはさまざまな準備が必要ですが、
運転資金に余裕がないと経営が行き詰まってしまうため、
資金調達は避けて通れません。
開業して間もないときは、なかなかなじみのお客様もいないため、
売り上げが思うように上がらないことがほとんどです。
経営が軌道に乗るまでの期間の生活を維持するためにも、
前もって資金調達を行っておくことは必須と言えます。

新規の起業家に融資する公的制度

また介護タクシーの認可申請の際には、
事業開始に要する資金の内訳なども提出を求められます。
その際に運営資金として適正であるかどうかもチェックされるため、
たとえ融資を受けてでも資金を潤沢にしておくことが重要になります。
そこで新規創業の会社でも融資が受けられる公的融資制度を利用し、
開業にこぎつける人は少なくありません。
新規創業の自営業者にも融資を行う介護タクシー開業支援制度としては、
2つの公的融資制度があります。

公的融資の性格を知って最適な融資を受ける

介護タクシー開業支援の公的融資には、
政府系金融機関が運営する日本政策金融公庫の各種制度と、
国が債務を保証する信用保証協会を利用する制度があります。
それぞれに特徴がありますが、日本政策金融公庫の特徴は金利が安いことです。
介護タクシー開業支援の場合には、設備資金や運転資金に加えて、
これらとは別枠で新規創業者を対象にした融資制度もあります。
また国が債務を保証する信用保証協会を利用すれば、
一般の金融機関からの融資を受けることもできます。

融資を受ける心構えとは

資金調達のための融資を受けるには、事前の準備が大切です。
綿密な事業計画書を作成しておくことに加え、
面接の際の事業に関する質問への対応準備も必要です。
事業に対する意欲を示し、また質問にも的確に回答した上で、
熱意を伝えることが大切です。
さらに介護タクシー開業の場合は、自己資金の準備も重要です。

このページの先頭へ戻る