介護タクシーの開業についての基礎知識

ストレッチャーや車椅子でも快適な介護タクシーとは

介護タクシーに必須のストレッチャー対応車種

介護タクシーに対するニーズはますます高まりを見せており、
介護タクシー開業支援の融資制度の利用を検討する人も増えています。
こうした介護タクシーの利用者は、寝たきりや足腰の不自由であるなど、
一般のタクシーなどを利用しにくい人がほとんどです。
そのため介護タクシーには、
一般のタクシーにはないストレッチャーが備えられていたり、
車椅子対応の車種が採用されることがほとんどです。
ストレッチャーや車椅子対応の車種は高額なため、
介護タクシー開業支援の制度を利用して融資を受けた場合は、
開業時に必要な車や備品の購入資金と、
開業後の運転資金にほとんどを充てることになります。

対人スキルの質が次の予約につながる

介護タクシーに求められるのは、
介護タクシー開業支援制度を利用して購入できるものだけではありません。
もちろん、車椅子対応の車種やストレッチャーが準備されていることは、
利用者にとっては大変心強いものです。
けれども、移動の最中も利用者が快適に過ごすことができるよう、
さまざまな車内設備や気配りがあることも大切です。
振動が少ない車種で、利用者の身体に負担のない運転を心がけることも、
そうした気配りのひとつであるといえます。
また介護タクシーに乗降する際に、
安全に乗り降りができるような適切な介助ができることも求められます。
こうした設備以外の気配り、心配りをすることができれば、
その対応の良さが口コミなどの情報として広まり、
新たな予約指名が入るようになることも少なくありません。
事前の予約が入るようになれば、
仕事のスケジュールを立てやすくなるので、
経営内容も良好な状態に推移することでしょう。

このページの先頭へ戻る